熱中症にご注意ください。

これからの時期は気温や湿度の高い状態が続くと身体が熱さに

なれないために熱中症になる危険が高くなります。

熱中症は、屋外だけでなく屋内でも発生します。

こまめに水分や塩分をとり十分に注意しましょう。

 

◎熱中症のサイン

  ●めまい・立ちくらみ・筋肉痛(こむら返り)・汗が大量にでる

 頭痛がある・吐き気がある、吐く・体がぐったりする、力が入らない

 呼びかけに対し返事がおかしい、意識がない

◎熱中症を予防するには

  ●日陰を利用する・のどが渇いていなくても、水分をこまめにとる

  塩分の補給も忘れずに・外出の時は帽子をかぶる、日傘をさす

  運動する際はこまめに休憩をとる・適切に扇風機や

  エアコンを使用する

◎熱中症が疑われたら

 ●すぐに日陰など涼しい場所に移動する・衣服をゆるめて、風

  を送り、首やわきの下を冷やす・スポーツドリンク等水分塩分

  を補給する・「意識がおかしい」「反応が鈍い」場合はすぐ救急車

  を呼ぶ

**特に高齢者の方は暑い日中の外出は控えましょう。室内でも

  熱中症にかかることがあります。(高齢者の熱中症の半数あまりは

  住宅での発生です)

  のどが渇いていなくてもこまめに水分をとりましょう。

  高齢者を介護する場合にも高齢者の様子を見ながら、

  水分・塩分摂取を心がけましょう。